歯ブラシにも変化を

2017/10/24

審美歯科ホワイトニングの石井さとこです。
寒くなって 風邪や体調を崩している患者さんも増えてます…
体調が悪くなると 当然のように 口の中も 不調が起こります。
歯肉炎や 歯肉のちょっとした腫れや 歯磨きした時に違和感が出やすくなります。
そんな時に 硬い歯ブラシや乱雑な歯磨きケアをすると 炎症が起きている歯肉が悲鳴を上げ  退縮しやすくなったり  傷ついて炎症が更に 深刻になりますので ご注意くださいね。
歯肉が傷んでいたら  普段の歯ブラシよりも 柔らかなタイプの歯ブラシに変えてみて ゆっくりと優しい力加減で歯磨きすると 良いでしょう。
体調が悪い時は 歯磨きも怠りがちですが  口中は唾液も減り 普段より 虫歯や歯周病など 感染しやすくなりますので  歯磨きを心がけて欲しいと思います。
ポイントは 優しい力で 柔らかな歯ブラシで
口中が清潔になると  気持ちも良くなります